風邪になった可能性があるなら、急いで内科へGO!

インフルエンザは内科を受診すると直に分かります

インフルエンザに感染したときには、直に内科を受診する必要があります。インフルエンザに感染したまま放置しておくと、悪化してインフルエンザのお薬が効かなくなるので、風邪にかかったときには直に内科を受診する必要があります。風邪にかかったときには、内科を受診すると直にインフルエンザかどうかが分かります。検査はどこの病院でもできるので、自宅から一番近い内科へ行く方が利用しやすいでしょう。風邪のときには受付で風邪にかかっていることを伝えてマスクをもらいましょう。

内科医は風邪にうつされやすい

内科には風邪にかかっている患者さんが多く受診するので、内科医は非常に風邪をうつされやすい傾向があります。ですから、内科医は常に健康には気をつけているので、非常にお手本になります。医師や看護師が常にマスクをしているのも患者さんに風邪をうつされないようにしているのでしょう。ですが、マスクだけで風邪は完全に予防できないので、定期的に身体検査をして常に健康な状態を保っています。診察のときに手袋をするのも感染病にうつらないための効果があります。

内科医は手術はしません

難病と言われているすい臓ガンも内科医が担当することがありますが、治療方法としては薬物療法となることが一般的です。しかし、内科医は手術をすることはないので、手術に関しては外科医が担当します。内科で行う治療方法は全て、お薬での治療法になりますが病院によっては漢方薬を出す病院やクリニックもあります。内科の診察は最初は必ず、聴診器で胸の音を聞きますが、胸の音で風邪にかかっていないかを見つけます。このように内科医は一番身近な医師になります。

健康面で不安があるならば、三鷹の内科に相談する方法がおすすめです。土曜日も診察している内科がありますので、仕事が忙しい場合でも安心です。