効果的にカラダを作る!加圧トレーニングとは

正座がヒント・日本生まれの新しいメソッド

効果的なカラダ作りの方法を探している方にオススメ! この「加圧トレーニング」は日本で生まれた新しいトレーニング法であり、ハードな運動をこなしたのと同等の効果がよりカンタンにかつ短期間で得られるといいます。発案者のボディビルダー佐藤義昭氏はトレーニングジムなど存在しない時代から身体を鍛え始め、日々の自己流トレーニングからキャリアをスタートしました。そんな中出席した法事で、長時間の正座でしびれた自身の足の感覚がハードトレーニング後の「追い込んだ」コンディションに似ていると発見、そこをルーツとして現在も愛される加圧トレーニングが生まれたのです。

脳を「騙して」まるで重い運動のような効果を得る

加圧トレーニングをする人はまず最初に腕・太ももに専用のベルトを装着、これにより血流が適度に制限されます(決して止めるわけではありません)。腕・足にむかう血流が増える一方で心臓に戻っていく血流は減り、結果毛細血管のすみずみまで血が流れるようになります(手のひら・足裏が赤くなります)。この状態でダンベルなり遅いウォーキングなり、10分程度の軽い・筋肉や関節に負荷のかからない運動を行います。すると加圧の影響により脳が「騙され」ハードなトレーニング後のような反応が起きてきます。つまり筋肉中に乳酸など代謝物が増加し次いで成長ホルモンの分泌が活発になります。

ビギナー向け いくつかの注意点

こうして活発に分泌された成長ホルモンは、締めていたベルトを開放して元通りになった血流に乗り全身をめぐります。体脂肪は分解されていき、そして筋肉の合成がゆっくりと進行することになります。加圧しない通常の運動よりも少ない運動量ですむため筋肉・関節への負担も小さく、ケガ等故障トラブルを新たに生むリスクが少ないのも魅力です。ただいくつか注意点もあります。持病やケガをもっている人は始める前に医師と相談してからにするのがベター、また加圧は腕・脚同時だと負荷が強すぎるためビギナーには向きません(まずは腕のみで行うべき)。長時間のベルト装用も逆効果になるので、まずは5分をめやすに取り外すようにしましょう。

加圧トレーニングなら横浜においてスタジオ選びを行うことで、希望条件に合ったスタジオをスムーズに見つけることができます。